辛い病気を改善│肝臓病からペットを守ろう

最後の別れをどこでするか

一口にペット火葬といっても、ペット霊園での火葬、移動式火葬車での火葬、自治体施設での火葬の3パターンがあります。それぞれに異なるメリットとデメリットがありますので、大阪でペット火葬を行う際には自分にとって最も後悔のない方法を選びましょう。

購入のメリット

柴犬

ペットショップではなく、ブリーダーから柴犬を購入するようにしましょう。ブリーダーから購入することで、トラブルがあったとしてもすぐに対応してもらうことができます。アフターサポートがしっかりしているところも魅力の1つです。

愛犬の病気を治すには

男女

薬物療法と食事療法が必要

以前ペットの犬が肝臓病になったことがありました。食欲がなくなり下痢や嘔吐もするようになったので診察を受けたのです。診察の結果、初期の肝臓病を発症していることが分かりました。肝臓は体の毒素を除去し各器官に栄養素を補充するなど様々な役割をする臓器です。病気がさらに進行すると白目や皮膚に黄疸が現れることもあるそうです。また腹水が溜まり痙攣が起きることもあります。ひどくなると昏睡状態に陥ることもあるのだとか。肝臓病は犬だけでなく猫にもよくある病気なのだそうです。ペットの肝臓病が発症するのは様々な原因が考えられています。ノミやダニ、細菌やウィルスなどが影響することがあります。また持病や熱中症、体質、遺伝などによって発症することもあるようです。そのため我が家のペットの場合は、はっきりした原因は掴めませんでした。ペットの肝臓病は初期の場合は治癒することがほとんどです。治療法は薬物療法のほかに食事療法も必要になります。食事は今までのドッグフードを良質なタンパク質を含んだものに変えました。高品質なタンパク質は分解するときに肝臓への負担を減らします。また肉類は少なめにして野菜のピューレなどをドッグフードに混ぜるようにしました。野菜に含まれるビタミンやミネラルは肝臓病には効果的な栄養分です。またオートミールやお粥といった炭水化物も肝臓の修復を助けます。これらの食事を分けて与えることで肝臓の負担を減らすことができます。メーカーの中には肝臓病用のドッグフードサービスを展開しているところもあります。

小さいサイズが希望ならば

トイプードル

ティーカッププードルを購入しようとしたときに、考えなければいけないのは自身が求めるサイズです。そのため、値段を比較するときにはサイズもしっかりと確認しなければ、満足できるティーカッププードルを購入できないでしょう。